www.archive-net-2013.com » NET » 4 » 45SHIKI

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".

    Archived pages: 611 . Archive date: 2013-12.

  • Title: 45式
    Descriptive info: .. 45式.. 45式は「無理せず頑張る」がモットーの渡辺四ん五(4n5)がお送りします。.. 雑記.. 2013-12-12.. MTの環境変数を知ろう.. [Movable Type].. 2011-10-22.. アップグレード時に"新規ユーザー向けウェブサイト"が作られた.. 2010-10-23.. エントリ一覧に日付けごとの見出しをつける方法.. 2010-07-14.. Action Streams 2.. 3.. 2010-06-17.. 投稿日時順の記事一覧から最新更新日時を探す方法.. 2010-06-14.. MTタグで日時を比較する方法とMTDateタグとtsモディファイア.. 2010-06-12.. 文字列の比較.. 2010-06-07.. 電撃大王GENESIS 2010SPRING( 10#06).. [漫画].. 2010-06-03.. Atom/RSSフィードにウェブページを追加する簡単な方法.. 2010-06-02.. MTPagesタグ中でMTEntry*タグが動作する.. 日記(非公開).. 45式のタスク (MT5へ移行して問題続出、だったけど一通り解消).. 4n5です。生きてます。今度帰ります?.. そうだ、実家へ帰ろう2010.. そうだ、実家へ帰ろう.. 劇場版ガンダム00を見たよ.. サークル.. 2010-08-15.. コミックマーケット78(3日目).. [イベント/参加].. 2009-12-31.. コミックマーケット77(3日目).. ヘルプ.. サイトマップ.. 取扱説明書.. [2009-11-14].. 管理人.. [2009-02-11].. Feed.. RSS 2.. 0.. Atom 1.. (.. フィードとは.. ).. Powered by.. Movable Type Pro.. 2005-2013 45式/渡辺四ん五(4n5)..

    Original link path: /
    Open archive

  • Title: 45式::雑記
    Descriptive info: 45式::雑記.. 45式::雑記は、日々の事を記してないから日記ではなく雑記です。.. 投稿日時.. 2013年12月12日12:12.. カテゴリ.. Movable Type.. コメント.. 0件.. トラックバック.. Movable Typeには環境変数という設定があります。環境変数になれてMTへの理解を深めましょう。この記事はMovable Type Advent Calendar 2013の12日目です。.. 2011年10月22日11:19.. Movable Typeのアップグレード時に「新規ユーザ向けウェブサイト」というものが作られるケースに巡り合いました。.. 2010年10月23日03:46.. 日付け順のエントリ一覧で、年別や月別など、日付けごとの見出しをつける方法を紹介します。.. 2010年7月14日23:38.. Movable Type5にも対応したAction Streamsプラグイン2.. 3がリリースされました。.. MT5対応の他にバグ修正と機能追加も行われています。.. 2010年6月17日23:55.. 投稿日時順のブログ記事から最新更新日時を取得する方法を二つ紹介します。.. 2010年6月14日23:36.. 2件.. 1件.. MTタグで日時を比較するには比較が可能な条件を満たす必要があります。.. その条件を満たすのにはMTDateタグとtsモディファイアが便利です。.. 2010年6月12日23:53.. MTタグで文字列の比較ができる事を、MTLoopタグによるソートやMTIfタグによる個別の比較で証明してみました。.. 2010年6月7日23:15.. 漫画.. コミック誌『電撃大王GENESIS』2010 SPRING(2010年6月号)を読んだ感想です。.. 2010年6月3日23:43.. Atom/RSSフィードにウェブページを追加する簡単な方法です。.. とはいえ、ソースをコピペされるだけなら他の方法と労力は変わりませんが。.. 2010年6月2日23:18.. MTPagesタグ中ではMTPage*タグだけでなく、MTEntry*タグも動作します。.. 全記事リスト.. Cogito ergo sum.. [20].. 一言.. [12].. [65].. TV.. [8].. ドラマ..  ...   [3].. メモ.. [7].. Firefox.. [2].. Win98SE.. [6].. 未分類.. [90].. アーカイブ.. 2013年.. 12月.. 2011年.. 10月.. 2010年.. [35].. 07月.. 06月.. 05月.. [4].. 04月.. 03月.. 02月.. 01月.. [9].. 2009年.. [91].. 11月.. 09月.. 08月.. [15].. [10].. 2008年.. [240].. [19].. [18].. [17].. [16].. [56].. [27].. [25].. 2007年.. [40].. 2006年.. [225].. [29].. [30].. [21].. [33].. 2005年.. [159].. [22].. (45式).. [45式].. このブログは.. クリエイティブ・コモンズ.. でライセンスされています。..

    Original link path: /blog/
    Open archive

  • Title: MTの環境変数を知ろう - 45式::雑記
    Descriptive info: 投稿者.. 4n5.. 何事も無かったようにブログを再開。本日は.. Movable Type Advent Calendar 2013.. の12日目です。.. テーマは.. MT.. のリリースノートに名前を載せる秘訣.. Movable Typeの環境変数.. です。.. どうも.. のインストールやアップグレードの敷居が高く思われているようで、ちゃんとコツを覚えておけばそう難しくはないんですが、それをすこーし低くしてみたいなと思っているのですが、その事前知識として環境変数を知っておくとよいです。.. の環境変数とは.. の環境変数がどのようなものかはmt-config.. cgiの内容を少しでもみたことがあれば何となくわかっているかと思います。.. 環境変数を端的に説明するものとして公式.. っぽい.. ドキュメントには次のような説明があります。.. 誤解を恐れず一言で表すと「mt-config.. cgiで設定できる項目」になります。.. もう少し言葉を足すと、Movable Typeの設定で「環境変数」と呼ばれ、mt-config.. cgiで設定を行います。.. Movable Type の設定ファイル mt-config.. cgi で設定可能な環境変数の紹介.. 以前は私も上記のように認識していましたが今は少し違っていて、環境変数は.. 環境で一意の設定.. という説明が適切ではないかと考えています。.. 使い方 (mt-config.. cgi).. 環境変数は.. 主に.. mt-config.. cgiファイル内に記述して使います。.. なぜ「主に」かというと、環境変数はデータベースにも保存されているためですが、まずはmt-config.. cgiの内容を見てみましょう。.. サンプルとしてはこんな感じ。.. CGIPath /cgi-bin/mt/ EmainAdressMain mail@example.. com DebugMode 0 #ExelionMode 1 PluginPath plugins PluginPath plugin2.. 設定内容はパス、1か0によるオンオフ、メールアドレスなど自由入力、などなど様々な指定があります。中には複数行に記述することで配列として機能するものもあります。.. cgi内では以下のフォーマットを守って記述します。.. 行頭に環境変数名、次に半角スペースによる区切り、最後に設定する値、の順序で記述する.. 改行コードはLF.. 行頭が#の場合はコメント行.. 一行に一つの設定(設定を複数行にまたぐことはできない)..  ...   見ての通り、mt-config.. cgiと同様に、環境変数名+半角スペース+値、というフォーマットです。.. このmt_configテーブルについて間違えてはいけないのは、mt-config.. cgiの設定が保存されるのではないという事です。.. mt_configテーブルの設定はmt-config.. cgiとは別に保存されています。.. たとえばシステムレベルの全般設定画面の設定のほとんどは環境変数としてmt_configテーブルに保存されます。.. 優先順位.. 環境変数はmt-config.. cgiに設定し、データベースのmt_configテーブルにも保存されていると説明しました。.. では、両方に設定があるときはどうなるのか、環境変数の設定は次の優先順位で決定します。.. cgiの設定.. mt_configテーブルの設定.. 環境変数の初期値.. 環境変数には初期値が存在するものがあり、mt-config.. cgiとmt_configのどちらにも設定がない場合には初期値が利用されます。.. 私が環境変数を.. と感じるのはこの動作が理由です。.. まとめ(仮).. ここまで押さえておけば環境変数については大丈夫でしょう。.. 環境変数に興味がわいた方は.. 環境変数リファレンス.. をのぞいてみると新しい発見があるかもしれません。.. 環境変数をもう少し深く知りたい方は、もう少しだけおつきあいください。.. 定義のいらない自由な宣言.. 環境変数は定義の必要がなく、プラグインなどを作らなくても自由な宣言ができます。.. たとえばmt-config.. cgiに環境変数リファレンスにない.. SuperMode.. を設定してもエラーになったりはしません。.. (※もし環境変数SuperModeをご利用のプラグインがありましたらお知らせ願います).. SuperMode 1.. 必要に応じて自由に設定してください。.. とはいえ好きに書いて何に使えるのか、というと……。.. テンプレートタグで使う.. 環境変数はテンプレートタグで取得することができます。.. 取得するために専用のテンプレートタグはありませんが、少し独特な書き方をします。.. たとえば、環境変数EmailAddressMainを取得したい場合には次のようなテンプレートを記述します。.. $MTGetVar name="config.. EmailAddressMain"$.. このように変数を扱うタグで.. config.. 環境変数名.. (コンフィグドット変数名)という書式で変数名を指定すると環境変数の値が扱えます。.. 環境変数の値で分岐する記述も可能です。.. $MTIf name="config.. DebugMode"$ DebugMode が有効です MTElse DebugMode ではありません /MTIf.. ここで自由に宣言した環境変数の出番です。.. developer"$ ここは開発環境です。 /MTIf.. このように環境固有の分岐を行うことができます。.. これはデータに手を加えたくない場合、プラグインの追加など構成を変更したくない場合に有効です。.. ここまで.. 本当はもう少し書きたいんですが、12日目が過ぎてしまいそうなので今日はここまで。.. では、またいつの日か。.. トップページ..

    Original link path: /blog/2013/12/b000963.htm
    Open archive

  • Title: アップグレード時に"新規ユーザー向けウェブサイト"が作られた - 45式::雑記
    Descriptive info: 序文.. ちょっと.. を弄っていたら、.. 新規ユーザー向けウェブサイト.. という見慣れないものが作られた。.. お仕事で.. の環境はよく作りますが、これを見たのは初めてだったので少し調べました。.. とは?.. ではユーザを登録した際にそのユーザ用のブログを自動作成する事が可能なようで、そのブログを作成するための親ウェブサイトが.. のようです。.. なので、別にシステムにウェブサイトを作ってもらう必要はなく、管理者が任意に指定することも可能ですし、またユーザー用のブログを自動作成しない設定も可能です。.. が自動作成される条件.. 自動作成される条件は複数あり、下記を.. 全て満たされた.. 場合に自動作成されます。.. 環境変数DefaultSiteURLに値が設定されている.. 環境変数DefaultSiteRootに値が設定されている.. 環境変数NewUserDefaultWebsiteIdに値が設定されていない..

    Original link path: /blog/2011/10/b000961.htm
    Open archive

  • Title: エントリ一覧に日付けごとの見出しをつける方法 - 45式::雑記
    Descriptive info: 各所で紹介されている方法だと思うので.. 説明は省略します.. 簡単に説明すると、現在の記事と一つ前の記事の日付けを比較し、それが異なった場合に見出しを出力しています。.. MTEntries MTEntriesHeader p $MTEntryDate format="%Y年%m月"$ /p ul $MTEntryDate format="%Y%m" setvar="prev_date"$ /MTEntriesHeader $MTEntryDate format="%Y%m" setvar="entry_date"$ MTIf name="entry_date" ne="$prev_date" /ul p $MTEntryDate format="%Y年%m月"$ /p ul /MTIf li $MTEntryTitle$ /li $MTEntryDate format="%Y%m" setvar="prev_date"$ MTEntriesFooter /ul /MTEntriesFooter /MTEntries.. 上記のソースを出力した場合、月ごとの見出しが表示されます。.. p 2010年07月 /p ul li Action Streams 2.. 3 /li /ul p 2010年06月 /p ul li 投稿日時順の記事一覧から最新更新日時を探す方法 /li li MTタグで日時を比較する方法とMTDateタグとtsモディファイア /li li 文字列の比較 /li li 電撃大王GENESIS 2010SPRING('10#06) /li li Atom/RSSフィードにウェブページを追加する簡単な方法 /li li MTPagesタグ中でMTEntry*タグが動作する /li li MTEntriesタグのclass_typeモディファイア /li /ul p 2010年05月 /p ul li 月刊少年シリウス '10#06 /li li twicliのユーザースタイルシート(試作中) #twicliJP /li li Feeds.. AppLiteからFeedExへ乗り換え /li li run-periodic-tasksのvオプションでエラー箇所をテンプレートまで絞る /li /ul.. 掲題は「見出しを入れる方法」ですが、上記出力例の通り、エントリーを日付けごとにまとめる方法でもあります。..  ...   $MTEntryDate format="%Y年%m月"$ /caption /MTIf tr td $MTEntryTitle$ /td /tr $MTEntryDate format="%Y%m" setvar="prev_date"$ MTEntriesFooter /table /MTEntriesFooter /MTEntries.. table caption 2010年07月 /caption tr td Action Streams 2.. 3 /td /tr /table table caption 2010年06月 /caption tr td 投稿日時順の記事一覧から最新更新日時を探す方法 /td /tr tr td MTタグで日時を比較する方法とMTDateタグとtsモディファイア /td /tr tr td 文字列の比較 /td /tr tr td 電撃大王GENESIS 2010SPRING('10#06) /td /tr tr td Atom/RSSフィードにウェブページを追加する簡単な方法 /td /tr tr td MTPagesタグ中でMTEntry*タグが動作する /td /tr tr td MTEntriesタグのclass_typeモディファイア /td /tr /table table caption 2010年05月 /caption tr td 月刊少年シリウス '10#06 /td /tr tr td twicliのユーザースタイルシート(試作中) #twicliJP /td /tr tr td Feeds.. AppLiteからFeedExへ乗り換え /td /tr tr td run-periodic-tasksのvオプションでエラー箇所をテンプレートまで絞る /td /tr /table..

    Original link path: /blog/2010/10/b000960.htm
    Open archive

  • Title: Action Streams 2.3 - 45式::雑記
    Descriptive info: 4までに同梱されていたAction Streamsプラグインが.. 5に対応したそうです。.. Action Streams プラグインを Movable Type 5 に対応 | MovableType.. jp.. Action Streams プラグイン(Movable Type 5 対応)の利用方法:その1: 小粋空間.. Action Streams プラグイン(Movable Type 5 対応)の利用方法:その2: 小粋空間.. じゃあ、.. 4は斬り捨て御免?.. GitHub.. を確認したら…….. 4は切り捨てられてなくて一安心。.. This plugin works both with Movable Type 5 and Movable Type 4.. - Movable Type 5.. 02 or higher.. - Movable Type 4.. 2 or higher.. - Scheduled task or cron job to execute the Periodic Tasks script (see below).. ところがどっこい、このAction Streams2.. 3は.. 5に対応しただけではない.. ようです。..  ...   rebuilding blogs with deactivated templates.. Support for "not" operator in mt:ActionStreams "service" and "stream" tag attributes when used individually.. Quieter operation when used with Log4MT.. Fixed bug that prevented use of methods other than get() with the HTTP caching system.. 対応サービスの減少.. リリース情報.. によると対応サービスからいくつかが削除されたようです。.. Removed : TwitterSearch, Technorati Search, Google Blogs, Dodgeball, Ma.. gnolia and Google News.. 削除された理由は不明です。.. 新機能.. 3には.. イベントの削除.. という新機能が追加されています。.. 4.. 27に同梱されているAction Streams2.. 1には無かった機能ですよ!.. 私が最も欲していた念願の機能です。.. これでイベントデータの肥大化を抑制できます。.. この機能を使うには自動削除の有効化と間隔(日数)の設定が、システムプラグイン設定で必要です。.. (システムプラグイン設定は.. システム.. ツール.. プラグイン.. と進みます).. 自動削除はcronによって行われ、メッセージを受信する場合には次のような内容が届きます。.. メッセージ: ****個のアクションストリームのイベントデータが削除されました.. メッセージ: スケジュールされたタスク..

    Original link path: /blog/2010/07/b000959.htm
    Open archive

  • Title: 投稿日時順の記事一覧から最新更新日時を探す方法 - 45式::雑記
    Descriptive info: きっかけ.. Atomフィードの更新日時を出力するコードが気になりました。.. テンプレートは自作ではなく、.. 規定のブログ.. テンプレートセットから拝借したものです。.. updated MTEntries lastn="1" $.. MTEntryModifiedDate.. utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$ /MTEntries /updated.. どうしてフィードの更新日時に、最新記事の更新日時を使っているのでしょうか。.. 最新記事に拘って参照するなら投稿日時、.. MTEntryDate.. タグの方が相応しいと思うのです。.. でも更新日時に拘って参照するなら、それは最新記事からではなく.. 配信している記事中で一番新しい更新日時.. の方が相応しいと私は思います。.. そんなわけで、投稿日時順中の記事一覧から最新の更新日時を取得してみました。.. コード.. 私が思いついた方法は二つです。.. 個別に比較して探す方法.. こちらの方法では、更新日時を一件ずつ比較して、最新のものを探しています。.. MTEntries sort_by="created_on" lastn="15" $MTEntryModifiedDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="entry_date"$ MTIf name="entry_date" ge="$date"$ $MTEntryModifiedDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="date"$ /MTIf /MTEntries updated MTDate ts="$date" utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$ /updated.. ハッシュを作って探す方法.. こちらの方法では、ハッシュを利用して更新日時の一覧を作り、時系列に並べ替え、最新のものを探しています。.. MTSetHashVar name="date" MTEntries sort_by="created_on" lastn="15" $MTEntryModifiedDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="$__counter__"$ /MTEntries /MTSetHashVar MTLoop name="date" sort_by="value numeric reverse" MTIf name="__first__" updated $MTDate ts="$__value__" utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$ /updated /MTIf /MTLoop.. 参考情報.. MTDate | テンプレートタグリファレンス..

    Original link path: /blog/2010/06/b000958.htm
    Open archive

  • Title: MTタグで日時を比較する方法とMTDateタグとtsモディファイア - 45式::雑記
    Descriptive info: 日時の比較は数値を比較するように.. MTIf.. タグで行います。.. 値の大きい方が未来、小さい方が過去になります。.. $MTSetVar name="foo" value="2000年9月 9日 01:00"$ $MTSetVar name="bar" value="2000年9月13日 01:00"$.. MTIf name="foo" lt="$bar".. $MTGetVar name="foo"$ より $MTGetVar name="bar"$ の方が未来です.. MTElse name="bar" lt="$foo".. $MTGetVar name="bar"$ より $MTGetVar name="foo"$ の方が未来です.. /MTIf.. 2000年9月 9日 01:00 より 2000年9月13日 01:00 の方が未来です.. ところがどっこい、正しい比較ができない場合もあります。.. 失敗例.. 比較の式は上記と同じなので省略します。.. その一。.. $MTSetVar name="foo" value="2000年9月9日"$ $MTSetVar name="bar" value="2000年9月13日"$.. 2000年9月13日 より 2000年9月9日 の方が未来です.. その二。.. $MTSetVar name="foo" value="Wed, 13 Sep 2000 01:00:00 +0900"$ $MTSetVar name="bar" value="Thu, 14 Sep 2000 01:00:00 +0900"$.. Thu, 14 Sep 2000 01:00:00 +0900 より Wed, 13 Sep 2000 01:00:00 +0900 の方が未来です.. 比較可能な条件.. 以上の成功例と失敗例から次のような条件が必要だと考えられます。.. 日時は桁数が同一である.. 日時は数字以外の部分が同一である.. この条件を満たしていないと数値の比較ではなく、.. 文字列の比較(ソート).. になってしまうのだと思います。.. 条件さえ満たしていれば、次のような比較も可能です。.. MTIf tag="EntryDate" gt="Date" この記事は未来のものです MTElse tag="EntryDate" lt="Date" この記事は過去のものです MTElse tag="EntryDate" eq="Date" この記事は現在のものです /MTIf.. この場合は日付の言語のフォーマットで比較されています。.. それでは、月名を含む言語の.. language="en".. や曜日名を含む.. format_name="rfc822".. の出力形式をした日時は比較できないのでしょうか。.. $MTSetVar name="foo" value="September 13, 2000 1:00 AM"$ $MTSetVar name="bar" value="Wed, 13 Sep 2000 01:00:00 +0900"$.. このままでは非常に難しいです。.. (regex_replaceモディファイアで形式を変換すれば可能だと思います、非常に手間ですが).. しかし出力する前なら、先に日時を比較、後で任意の形式に出力、する方法があります。.. そのためには.. MTDate.. タグの利用が不可欠です。.. タグと.. ts.. モディファイア.. タグには、任意の時間を任意の形式に出力できる、.. モディファイアがあります。.. ts=".. YYYYMMDDhhmmss.. ".. 値に指定した日付を利用して、任意のフォーマットで出力できます。設定する日付は.. というフォーマットで記述します。.. 設定するフォーマットにさえ注意すれば難しくはありません。.. $MTDate.. ts="20000913010000".. language="ja"$.. 2000年9月13日 01:00.. 設定には変数の値を参照する事もできます。.. $MTSetVar name="second_impact" value="20000913010000"$ $MTDate ts=".. $second_impact.. " language="ja"$.. format="%Y%m%d%H%M%S".. モディファイアのフォーマットを.. format.. モディファイアで用意すれば、他の.. MT*Date.. タグの値も簡単に扱えます。.. $MTEntryDate.. setvar="date"$ $MTDate ts="$date" language="ja"$.. (す、すみません。良い例が考え付きませんでした).. タグを利用した日時比較の例.. 先の失敗例も.. タグを使えばこの通りです。.. $MTSetVar name="foo" value="20000913010000"$ $MTSetVar name="bar" value="20000914010000"$ MTIf name="foo" lt="$bar" $MTDate ts="$foo"  ...   簡単な構造なので解説は省略です。.. そして本題、日時の比較を使った方法です。.. MTEntries sort_by="created_on" sort_order="descend" lastn="25" MTEntriesHeader $MTEntryTitle setvar="title"$ $MTEntryDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="date"$ /MTEntriesHeader $MTEntryDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="entry_date"$ MTIf name="entry_date" le="$date"$ $MTEntryTitle setvar="title"$ MTSetVarBlock name="date" $MTGetVar name="entry_date"$ /MTSetVarBlock /MTIf /MTEntries p $MTGetvar name="title"$ /p p $MTDate ts="$date" language="en"$ /p.. ざっくり解説すると、まず.. MTEntriesHeader.. タグ中で暫定チャンピオンを決めます。.. 変数.. entry_date.. は挑戦者です。.. そして、.. タグで対決、挑戦者が勝ったらチャンピオンの交代です。.. 先の方法と同じ結果が出力されれば、日時の比較ができている事になります。.. 最新25件のブログ記事から1週間以内に投稿した記事を除いて表示する方法.. 下記の方法は日時を比較するためのデモンストレーションであり、実用には向かない欠陥を抱えています。.. (欠陥については解説の続きを参照して下さい).. 先の場合と違って、今度は日時を比較しないと無理だと思います。.. 27現在、.. MTEntries.. タグで.. offset.. と.. days.. モディファイアの併用ができません).. $MTDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="date"$ $MTSetVar name="date" op="-" value="7000000"$ MTEntries sort_by="created_on" sort_order="descend" lastn="25" $MTEntryDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="entry_date"$ MTIf name="entry_date" lt="$date"$ p $MTEntryTitle$ /p p $MTDate ts="$entry_date" language="ja"$ /p /MTIf /MTEntries.. ざっくり解説します。.. まず、.. タグで現在の日時を変数.. date.. に格納します。.. そこから.. MTSetVar.. タグで1週間分(7日)を引いて、比較する基準の日時が準備できます。.. 記事の投稿日時は同じ形式で変数.. 後は、.. タグで投稿日時が基準より過去か判断し、過去であれば記事名と投稿日時を出力します。.. 欠陥.. 現在日時の1週間前を計算するのに、.. 7000000.. を引いているのが駄目です。.. 例えば、同様の方法で2000年9月13日の14日前を用意しようとすると次のようなコードになります。.. $MTSetVar name="date" value="20000901010000"$ $MTSetVar name="date" op="-" value="7000000"$ $MTDate ts="$date" language="ja"$.. 実行するとあり得ない日時が出力されます。.. 2000年8月87日 01:00.. モディファイアのフォーマットは進法がごちゃまぜなので、あ、当たり前ですよね……。.. ……出直してきます。.. 天野.. (2010年6月16日09:50).. こんにちは、天野と申します。.. MTのプラグインを書いて公開したりしています。.. いつも分かりやすいエントリーで参考になります。.. さて、分かり易さのために分けて書かれているようでしたらすみません、.. もしご存知でなければと思いコメントしてみます。.. MTIf に tag モディファイアを指定した場合には、.. 他のモディファイアがそのまま渡されるので、以下の2行は、.. -----------------------------------------------------------------.. $MTEntryDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="entry_date"$.. MTIf name="entry_date" lt="$date"$.. このようにまとめることもできるなと思いました。.. MTIf tag="EntryDate" format="%Y%m%d%H%M%S" lt="$date"$.. から.. への返信.. (2010年6月17日00:19).. その二行をまとめなかったのは、主義に基づくコーディングであり、ただの癖でもあります。.. データを参照するMTタグは極力複数回使わないように変数化する主義です。.. そうすればデータベースを参照する回数が減ると思っています。.. 例では最後に記事名と日時を出力するようにしています。.. もしもその二行をまとめると、その後でMTEntryDateタグを使う必要があります。.. MTEntries sort_by="created_on" sort_order="descend" lastn="25" MTEntriesHeader $MTEntryTitle setvar="title"$ $MTEntryDate format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="date"$ /MTEntriesHeader MTIf tag=".. EntryDate.. " format="%Y%m%d%H%M%S" lt="$date" $MTEntryTitle setvar="title"$ $.. format="%Y%m%d%H%M%S" setvar="date"$ /MTIf /MTEntries p $MTGetvar name="title"$ /p p $MTDate ts="$date" language="en"$ /p.. まあ二回の参照を一回にしても効果は皆無なんでしょうけど。.. - 45式::雑記 (2010年6月18日01:02)..

    Original link path: /blog/2010/06/b000957.htm
    Open archive

  • Title: 文字列の比較 - 45式::雑記
    Descriptive info: 実感なき文字列の比較.. 文字列の比較は知らない内に使っています。.. 例えば.. タグの.. sort_by.. モディファイアで名前順にソートした時、内部では文字列の比較が行われています。.. 同じ.. モディファイアを持つ.. MTLoop.. タグで確認してみましょう。.. MTSetHashVar name="monat" $MTSetVar name="01" value="Januar"$ $MTSetVar name="02" value="Februar"$ $MTSetVar name="03" value="Maerz"$ $MTSetVar name="04" value="April"$ $MTSetVar name="05" value="Mai"$ $MTSetVar name="06" value="Juni"$ $MTSetVar name="07" value="Juli"$ $MTSetVar name="08" value="August"$ $MTSetVar name="09" value="September"$ $MTSetVar name="10" value="Oktober"$ $MTSetVar name="11" value="November"$ $MTSetVar name="12" value="Dezember"$ /MTSetHashVar MTLoop name="monat" sort_by="value" $MTGetVar name="__value__"$ /MTLoop.. 上記のコードを実行した結果が下になります。.. April August Dezember Februar Januar Juli Juni Maerz Mai November Oktober September.. April.. September.. まで順に並んで出力されました。.. さらに、英字以外も取り混ぜた場合も試してみましょう。.. MTSetHashVar name="chara" $MTSetVar name="01" value="1"$ $MTSetVar name="02" value="a"$ $MTSetVar name="03" value="A"$ $MTSetVar name="04" value="あ"$ $MTSetVar name="05" value="ア"$ $MTSetVar name="06" value="9"$ $MTSetVar name="07" value="z"$ $MTSetVar name="08" value="Z"$ $MTSetVar name="09" value="ん"$ $MTSetVar name="10" value="ン"$ $MTSetVar name="11" value="0"$  ...   name="bar" value="z"$.. $MTGetVar name="foo"$ lt; $MTGetVar name="bar"$.. $MTGetVar name="bar"$ lt; $MTGetVar name="foo"$.. 実行結果です。.. a z.. 先ほどのごちゃ混ぜの結果を不等式で表すと次のようになります。.. 0 1 9 A Z.. あ ん ア ン 式.. この式から実行結果が正しい事がわかります。.. そしてこれは、文字列の比較ができた事を意味しています。.. 空白に注意.. 文字列の比較では空白に注意して下さい。.. 下は、記事冒頭の例を、変数の文字数が揃うように空白を挿入したものです。.. MTSetHashVar name="monat" $MTSetVar name="01" value=" Januar"$ $MTSetVar name="02" value=" Februar"$ $MTSetVar name="03" value=" Maerz"$ $MTSetVar name="04" value=" April"$ $MTSetVar name="05" value=" Mai"$ $MTSetVar name="06" value=" Juni"$ $MTSetVar name="07" value=" Juli"$ $MTSetVar name="08" value=" August"$ $MTSetVar name="09" value="September"$ $MTSetVar name="10" value=" Oktober"$ $MTSetVar name="11" value=" November"$ $MTSetVar name="12" value=" Dezember"$ /MTSetHashVar MTLoop name="monat" sort_by="value" $MTGetVar name="__value__"$ /MTLoop.. 実行結果は空白を挿入する前と異なったものになります。.. Mai Juli Juni April Maerz August Januar Februar Oktober Dezember November September.. だった順が、今度は.. Mai.. になりました。.. - 45式::雑記 (2010年6月15日02:22).. MTタグで日時を比較するには比較が可能な条件を満たす必要があります。 その条件を満たすのにはMTDateタグとtsモディファイアが便利です。..

    Original link path: /blog/2010/06/b000956.htm
    Open archive

  • Title: 電撃大王GENESIS 2010SPRING('10#06) - 45式::雑記
    Descriptive info: コミック誌『電撃大王GENESIS』2010 SPRING(2010年6月号)を読みました。.. 電撃大王GENESIS 2010 SPRING(2010年6月号).. 出版.. アスキー・メディアワークス.. メディア.. 季刊雑誌.. ジャンル.. 発売日.. 2010年4月19日.. 雑誌コード.. 16412-06.. JANコード.. 4910164120604.. 定価.. 500円.. 購入先.. 『やさしいセカイのつくりかた』.. 竹葉久美子.. 研究、草壁、広瀬と問題が山積する朝永だが、遠野の協力にって広瀬の嫌がらせを終わらせた。.. 授業の難易度を思い出して笑みがこぼれる草壁。.. 貞操の危機と誤解して怯える広瀬。.. 酒に呑まれて上機嫌の加山先生。.. みんなかわいい。.. 朝永がコンニャクのダメージで凹んでる時に「しっかり」と声をかけている生徒がいる事に平和を感じた。.. 今回で広瀬との距離は縮まったからもうこじれる事はないげ。.. いよいよ草壁の出番か。.. 草壁の家族は冷え切った感じだが、草壁自身の能力とは関係なさげ。.. 『空声』(読み切り掲載).. こがわみさき.. 吹奏楽部で周りとうまくいかない明津は河原で一人、トランペット吹いていた。.. しばらくすると、小太鼓を叩く小学生と、泣きながら歌う女子高生が乱入してくる。.. 話の中盤、明津自身が恥ずかしくなる部分では、読んでるこっちも目を伏せたかった。.. 『スキマノスキマ』(新連載).. 稲井稲井.. 女子高生の遠本倫はある日突然、ハトやカラスが寄って来るようになる。.. その原因はモテ期にあった。.. 前号の読み切り『御縁がありますように』の前日談っぽい感じ。.. 新しいモテ期だ。.. 動物が寄ってくるのは、動物好きには羨ましいテモ期。.. 『Monochrome Myst』.. 椎名優.. シルフレイヴとの同居を望むアンジェリカに危機感は全くなかった。.. シルフレイヴの危惧する事が伝わらないのはアンジェリカが無防備なだけ。.. でもこの先に起こりえそうなハプニングは命懸けっぽい。.. 『ゴッドシーカー』.. 堤利一郎.. 賊を滅ぼしたナナベルティカの魔法をきっかけに、帝国が動く。.. オヴの能力が高すぎて、逆に怖い。.. 草原の民は伏線かな。.. 『トカレフの危うい城』.. 鶯神楽(作画).. /.. 築地俊彦(原作).. 彩花は学院を支配するトカレフと相対する。.. 学院の規則は目的がわからない。.. redjuice.. (ピンナップ).. sengoku jidai.. 前号のモブだったお姉さんがいない……。.. 三輪士郎.. 艶やかに銃を纏った貴婦人。.. 歩く武器庫とは呼び難い華やかさがある。.. 黒星紅白.. (ポスター).. 水没した鉄道駅?.. 辛うじて見える建物の名前が「DA LEVEL9」。.. たぶん、「GRANADA LEVEL9」だろう。.. その他の掲載作品.. かのこ模様.. 妄想奇行~アドレッセンス・アバター~.. 焔の燈介(新連載).. さっきゅばシスター.. あかとき星レジデンス.. 動研。~菜ノ花高校動画研究部~.. ちぇりパラ-Million Paradox-.. ユメキ.. あしたの今日子さん.. そらはな~幸福へのプレリュード~.. 空想画廊.. スズログ.. 夢のクロエ.. 時の消失請負人.. メゾン・ド・ジェネシス.. 岸田メル(ピンナップ).. 高河ゆん(ピンナップ)..

    Original link path: /blog/2010/06/b000955.htm
    Open archive

  • Title: Atom/RSSフィードにウェブページを追加する簡単な方法 - 45式::雑記
    Descriptive info: フィードにウェブページを追加する場合、大抵は.. タグ以下の構造を.. MTPage*.. タグで再現する事になると思います。.. それが一番手間だと思いますが、私の方法では.. タグを使いません。.. あ、でも.. MTPages.. タグは使いますよ。.. Atomフィードの例.. 複雑な方法ではないので編集前は省略して、編集後のテンプレートソースです。.. $MTHTTPContentType type="application/atom+xml"$ ?xml version="1.. 0" encoding=" $MTPublishCharset$ "? feed xmlns="http://www.. w3.. org/2005/Atom" title $MTBlogName remove_html="1" encode_xml="1"$ /title link rel="alternate" type="text/html" href=" $MTBlogURL encode_xml="1"$ " / link rel="self" type="application/atom+xml" href=" $MTLink template="feed_recent"$ " / id tag: $MTBlogHost exclude_port="1" encode_xml="1"$ , $MTTemplateCreatedOn format="%Y-%m-%d"$ : $MTBlogRelativeURL encode_xml="1"$ / $MTBlogID$ /id updated MTEntries lastn="1" $MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$ /MTEntries /updated MTIf tag="BlogDescription" subtitle $MTBlogDescription remove_html="1" encode_xml="1"$ /subtitle /MTIf generator uri="http://www.. sixapart.. com/movabletype/" $MTProductName version="1"$ /generator.. MTSetVarTemplate name="entry_block".. entry title $MTEntryTitle remove_html="1" encode_xml="1"$ /title link rel="alternate" type="text/html" href=" $MTEntryPermalink encode_xml="1"$ " / id $MTEntryAtomID$ /id published $MTEntryDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$ /published updated $MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$ /updated summary $MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1"$ /summary author name $MTEntryAuthorDisplayName encode_xml="1"$ /name MTIf tag="EntryAuthorURL" uri $MTEntryAuthorURL encode_xml="1"$ /uri  ...   /entry.. /MTSetVarTemplate.. MTEntries lastn="15".. $MTGetVar name="entry_block"$.. /MTEntries.. MTPages lastn="15".. /MTPages.. /feed.. 解説.. この方法のポイントは.. MTSetVarTemplate.. タグです。.. entry.. 要素を変数化した事によってブログ記事とウェブページの両方を同じ型で出力できるのです。.. タグの使い方が不思議に思える方は拙記事の.. タグ中で.. MTEntry*.. タグが動作する.. を参照して下さい。.. RSS.. 2.. 0フィードの例.. 簡単な方法なので不要とも思いましたが、念のために.. 0フィードの編集例です。.. $MTHTTPContentType type="application/rss+xml"$ ?xml version="1.. 0" encoding=" $MTPublishCharset$ "? rss version="2.. 0" channel title $MTBlogName remove_html="1" encode_xml="1"$ /title link $MTBlogURL$ /link description $MTBlogDescription remove_html="1" encode_xml="1"$ /description language $MTBlogLanguage ietf="1"$ /language copyright Copyright $MTDate format="%Y"$ /copyright lastBuildDate MTEntries lastn="1" $MTEntryDate format_name="rfc822"$ /MTEntries /lastBuildDate generator http://www.. com/movabletype/ /generator docs http://www.. rssboard.. org/rss-specification /docs.. MTSetVarTemplate name="item_block".. item title $MTEntryTitle remove_html="1" encode_xml="1"$ /title description $MTEntryBody encode_xml="1"$ /description link $MTEntryPermalink encode_xml="1"$ /link guid $MTEntryPermalink encode_xml="1"$ /guid MTEntryCategories category domain="http://www.. com/ns/types#category" $MTCategoryLabel remove_html="1" encode_xml="1"$ /category /MTEntryCategories MTEntryIfTagged MTEntryTags category domain="http://www.. com/ns/types#tag" $MTTagName remove_html="1" encode_xml="1"$ /category /MTEntryTags /MTEntryIfTagged pubDate $MTEntryDate format_name="rfc822"$ /pubDate /item.. $MTGetVar name="item_block"$.. /channel /rss..

    Original link path: /blog/2010/06/b000954.htm
    Open archive


  • Archived pages: 611